このページの先頭です

40代の転職は人材会社やエージェントを活用しよう

246views

投稿日:

40代の転職のメリットとデメリットとは

40代の転職のメリットは何でしょうか。それは今までの経験値を生かしてさらに上のステップに進める事です。それにより現状からキャリアアップして、収入やステイタスが上がるのであればチャレンジしてみる価値はあると思います。40代の転職は同業種間のものであれば、上手くいく可能性が高いと思います。しかし40代になっての転職にはデメリットも付きまといます。

デメリットとしては、転職に失敗ができないプレッシャーが強い事と年齢がネックになってしまい応募できる仕事の選択の幅が狭くなってしまう事ではないでしょうか。やはり40代になると家庭がある方が多いので収入源を長い期間失う事が出来ません。これがプレッシャーにもなりますし、転職へ踏み切る為の足枷になってしまいます。また、採用する側も中途採用は30代までとしている企業も多いので、応募出来るお仕事の絶対数が少ないのも実情です。

人材会社をフル活用しよう

上記のように40代の転職にはデメリットがあります。そのデメリットを減らし転職を成功させるには人材会社やエージェントを活用してみてはどうでしょうか。人材会社やエージェントを使うと再就職先とのパイプ役になって貰えるので、自力で転職活動をするよりも採用までがスムーズに進んで行く可能性が格段に上がると思います。

また、会社によっては細やかなサポートがある人材会社もありますから、今まで自分が気がつかなかった事や、面接や履歴書などの書類作成に関するアドバイスをもらう事が出来るのです。これは積極的に利用しない手は無いと思います。人材会社や転職エージェントは敷居が高く感じますが、実は案外、気軽に使う事が出来るのです。

人材会社や転職エージェントには大きく分けて2つのタイプがあります。転職サイトに登録してスカウトが来るのを待つだけのサイト登録型や人材会社の登録会に行きスキルチェックなどを行い適性などを見極めた上で仕事の紹介をして貰う会社登録型があります。ではそれぞれの特徴をお話しします。サイト登録型は1日から2日に一回程度メールマガジンが届き、現在募集中の案件などが書いてあります。

そこに気になる仕事があれば、エントリーする事も可能です。また、自分の職歴や資格などの情報を登録するので、その情報をみて興味を持った企業の採用担当者からのスカウトが入る事があります。このサイト登録型は「待ち」のスタイルが基本となります。今は本格的に転職は考えていないが、条件が良い案件があれば転職を考えるという状況の方には向いているやり方でしょう。

次に会社登録型は細かいスキルチェックや適性検査、コーディネーターによる面談での希望職種や月収の希望等のヒアリングを登録時に行ないます。この会社登録型のメリットは正にここにあります。自分が不安に思っている事や、わからない事を気軽に問い合わせる事が出来るのと、募集中の案件や就業先の会社情報などを事前に知る事が出来るのです。

さらにはコーディネーターから転職に関するアドバイスをもらう事が出来ます。例えばここの企業にエントリーするのであれば、このスキルを身につけてくださいとか、面接の時にはこういった応対をしてください、履歴書はこういう様に書くとアピール度が上がります等です。この様に転職成功の為に手厚いサポートを受けられるのが会社登録型です。

本格的に転職を考えている人にはオススメです。下世話な話ですが人材会社も登録スタッフを就業させないと売上にならないので就業決定までのサポートも手厚いのです。この様に自分のスタイルに合った人材会社や転職エージェントを転職活動の成功を掴み取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です