このページの先頭です

40代になると転職は厳しいのは本当!じゃあどうすればいい?

95views

投稿日:

40代の転職は厳しいのが現実

甘い言葉に惑わされないで

40代以降の人材が不足している、今求められているのは経験豊富な人材、などというキャッチフレーズは転職サイトや転職エージェントなどで良く見ます。特に中高年以降専用の転職サイト、転職エージェントでは常識のように謳われています。確かにそれは嘘ではありません。しかし、40代以降の人材不足が深刻であるわけではありません。

40代以上ならば誰でもいいというわけでもありません。どんな経験でも求められているわけでもありません。40代以降の転職が悪いわけではありませんが、キャッチフレーズだけでモチベーションを上げて転職に期待をし過ぎないようにしましょう。成功を遠ざけてしまうだけです。

実際は面接までたどり着けないことが多い

実際には40代の転職は面接までたどりつけないことが多いです。履歴書を送った時点で、年齢だけ見て弾かれるパターンは珍しくありません。

女性の正社員はさらに厳しい

40代の転職の中でも、女性の正社員はとても狭き門です。結婚、妊娠、出産などで一度退社をして子育てが一段落した後に社会復帰をしようと思っても、ブランクが長く、もう若くなく、おまけに子ども関係で休むことが多そうだと思われてしまうので履歴書だけで落とされてしまうことが多いです。

男性は家族の反対にあいやすい

養う家族がいる40代の男性は転職しようとしても家族の反対にあいやすいです。子どもがいたり、住宅ローンなどを抱えていたりするとなおさらです。家族の理解を得られないと転職活動に力を入れづらかったり、迷いが生じたりしやすくなります。

40代以降の転職の秘訣とは

諦める必要はありません

40代以降の転職は確かに大変です。しかし、不可能ではありません。とはいえ、成功させるためには積極さがとても重要です。

仕事を続けながら転職活動を

転職を成功させるためには今の仕事を続けながら転職活動をするのがおすすめです。40代以降の求人の数はあまり多くありません。待遇が良い求人はなおさらです。なので、転職活動はじっくり取り組む必要があります。

転職活動に力を入れるために今の仕事を辞めてしまうのは潔いですが、なかなか希望通りの仕事を見つけることができなかった場合、焦って希望とはかけ離れた仕事に就くしかなくなってしまいかねません。忙しい日々になるかもしれませんが、保険として今仕事をしているのならば辞めないようにしましょう。

養うべき家族がいたり、住宅ローンを抱えていたりするのならば特に大切なことです。当面の生活の心配がない程度の貯金があれば家族の理解も得やすいので、辞めてから転職活動をするのならば入念な準備しておくようにしましょう。

転職エージェントの利用がおすすめ

転職活動にはさまざまな方法がありますが、40代以降の転職活動ならば転職エージェントを利用するのがおすすめです。求人サイトやハローワークが悪いわけではありませんが、ただ仕事を紹介するだけのシステムです。転職エージェントは履歴書の書き方や面接のフォローなどのサポートを受けることができます。

何をもって成功だとするのかを明確に

自分にとっての転職の成功は何なのかを明確にしましょう。理想は短期間で今の仕事よりも待遇が良くて、希望の業務内容の仕事を見つけることです。しかし、現実問題、40代の転職でその全てを手に入れることは不可能と言っていいでしょう。何を優先するのかについて明確にしましょう。

今よりもお給料は下がってもゆったりと仕事ができる、残業が少ない、休日出勤がないということを望んでいる人と、多少責任が重くハードな仕事でも報酬もその分多くなることを望んでいる人のゴールは違います。あれもこれもとたくさんの条件を転職先に求めるといつまでたっても転職は成功しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です