このページの先頭です

40代での転職は難しい?転職を成功に導く為に必要な事

110views

投稿日:

40代が転職する為にまずやる事

転職の理由・目的は具体的にしておく事が大切

転職を考えた時に理由は様々あると思いますが、転職の理由をまずは整理して自分で分析する事が大切です。例えば給与が低い事を理由としているのなら、そのまま伝えてしまうとマイナスポイントになってしまいます。しかしなぜ給与が低いのか自分はそこでどのようなスキルを身に付けたのかを考えておけば、面接時のアピールポイントにもなります。

自分のスキルと能力ならこれくらいの価値があると客観的に自分を見つめ直す事が、転職を成功させる為の大切なポイントと言えます。そして何の為に転職をしたいのか、転職してどのようになりたいのか、目的と動機を明白にしておく事が大切です。40代での転職は20代・30代と比べても求人の数はそれほど多くありません。転職エージェントでも対象年齢を35歳以下にしているところがあり、40代での転職はかなり厳しい状況と言えます。

その中で転職を成功に導く為には、ピンポイントで働きたい職場を見つけ出してアピールしていく事です。「実力主義の会社で正当な評価を得てそれに見合った給与が欲しい」「給与はそれほど高くなくても安定していて休日もある職場に転職したい」など、より具体的で鮮明な目的を持っておく事が大切です。こうした事で、求人の絞り込みや自分の目的にマッチした転職先を探しやすくなります。

アピールポイントはきちんと整理しておく事が大切

40代であれば若い人に比べて経験は非常に豊富と言えます。経験が豊富というのは転職でも有利に働く事がありますが、きちんと伝えておくべきポイントを見極める事が大切です。転職時の面接では的確に自分の事を売り込む必要があり、いくら経験が豊富でもそれをまとめずに話してしまうと面接相手は何をアピールしたいのか分からなくなってしまいます。

そしてこの時は自分の強みや成功した経験だけでなく、失敗した経験も整理しておく事が大切です。ただ失敗した経験を話すだけでなく、その失敗から何を学びその後どのように活かしているのかを伝えると適応力や忍耐力などの判断材料になります。

こういった事を最初に整理しておけば面接時に困る事もありませんし、履歴書を書く時にも自分のアピールポイントを簡潔に分かりやすく書く事が可能になります。40代の転職では書類選考が通りにくい場合も多く、しっかりと自分をアピールできる履歴書を作る為にもこの作業はとても大切なのです。

40代での求人探しは転職エージェントの活用がオススメ

40代の転職活動は20代・30代に比べて期間が長くなりやすい傾向にあります。40代の転職では仕事をしながら探す割合が多い為、探す時間がなかったり自力で求人が見つけられなかったりと、求人を探すだけでも大変な労力がかかります。そんな時に活用したいのが転職エージェントです。転職エージェントであればサポートを受けながら転職活動が行えるので、長期間の転職活動になった時に余裕を持って転職活動を行う事が可能になります。

また転職エージェントでは求人誌で非公開になっている求人も多く掲載されている為、自分に合った転職先を見つけやすくなる傾向にあります。この転職エージェントを活用する時に気を付けておきたいポイントとしては、まず中高年の求人数がどれくらいあるのかをチェックする事です。

転職エージェントは数多くありますが、それぞれに違った強みがあると言えます。例えば全体の求人数が豊富でも、40代以上の求人に絞ると極端に数が減ってしまう事も考えられます。その為、自分の年齢層の求人がどれくらいあるのかをまずチェックしておく事が大切です。

転職エージェントでは一般的にコンサルタントが転職をサポートしてくれますが、コンサルタントは求人を探すサポートだけでなく転職に必要な情報や知識を豊富に持っておりアドバイスなどもしてくれます。このコンサルタントの質はサポートを受ける上でとても重要になってくるので、複数の転職エージェントに登録して自分と相性の良いコンサルタントを見つけておく事も重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です