このページの先頭です

成功のカギはこれ!40代の転職活動を失敗させない為のポイント

110views

投稿日:

在職中に転職活動をすること

40代の転職活動で失敗しない為のポイントとして、在職中に転職をするということが挙げられます。転職活動には2つの方法があります。まず一つは、在職中に転職をするという方法です。そしてもう一つは、一旦今の仕事を退職してから、新しく転職先を探すという方法です。

まず一旦退職してから転職活動をした方が、のんびり転職活動ができて効果的なのではないかと考える人もいるでしょう。でも、そうして先に退職をすると、成功とは言えない転職になってしまう可能性が高くなります。

40代の転職はなかなか決まらないから

なぜ先に退職をすると転職が失敗に終わる可能性が高くなるのかと言うと、40代の転職はなかなか決まらないからです。40代の転職というのは、20代や30代と比べるとかなり決まりづらいものなのです。やはり将来性で獲得できるような年齢ではないので、その分採用のハードルも高くなってしまうのです。でも、そんな風になかなか決まらないとなると、もし先に退職をしてしまっていたら、その分だけ無職の期間が長くなることになります。それはまずいのです。

無職の期間は焦りにもなるし足かせにもなる

無職の期間というのは、やはり本人的にはかなり焦ります。収入がないというのは、想像以上に不安になるものなのです。ましてや、それはいつまで続くか分からないことになります。なので、余計に不安になるでしょう。さらに、無職の期間というのは、やはり長引けば長引くほどに転職活動での足かせになります。無職の期間というのは、やはり経歴的にすごく印象が悪いです。だから長引くのは避けないとならないのです。

焦りは適当な転職に繋がる

無職でいることに焦るようになると、適当な転職をしてしまったりもするでしょう。それはつまり、条件などは一旦フラットにして、とにかく自分を雇ってくれるところに転職をしようと考えるようになるということです。

もちろんそれでも良いところに転職できる可能性は0ではありませんが、しっかりと自分で条件を定めて、それをクリアできるようなところに転職していった方がより失敗しない可能性は高いです。なので、無職にならなくて焦らずに転職活動ができる、在職中の転職活動が必須なのです。

転職活動に期限を設けない

先述の通り、40代の転職活動はなかなか決まりづらいものです。そうしてなかなか決まりづらい中で転職活動をしていく際には、期間を設けて転職活動をしようと思う人も多いです。確かに、いつまでもダラダラと転職活動をしていてはつかれますし、気分も滅入ってきてしまいます。

ですが、だからといってたとえば3ヶ月頑張るなどの期限を決めてしまうと、その最後の3ヶ月目のあたりで、適当なところに転職を決めてしまうようになり、そこまでにかけた時間がもったいなくなってしまいます。そうならないようにするために、40代の転職活動では期限を設けないようにするのが良いのです。

自分のペースで行動すれば良い

確かに40代の転職活動では、履歴書すらもなかなか通過しないこともあるでしょう。履歴書が運よく通過できたとしても、その先の面接はさらに突破しづらくなりますから、何度も履歴書を書いたり、何度も面接の為に足を運んだりしないとならなくなることもあります。それを、期限があるからとハイペースでしていたら、どれだけメンタルがしっかりしている人でも、まず確実にモチベーションは低下していってしまうでしょう。

そうならないようにする為にも、40代の転職活動は、自分のペースで行動していくのが吉です。たとえば1週間に1回求人を探して応募をするとか、それくらいのペースで十分なのです。そうすれば焦らず腐らず転職活動ができて、40代からの転職でも成功に繋がる可能性が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です