このページの先頭です

情報収集力で決まる!40代での転職活動を制する方法とは?

215views

投稿日:

40代での転職の壁

40代での転職が厳しいものであることは言うまでもありません。20代や30代と同じような転職活動をしていても勝ち目はなく、企業側からも門前払いを食らってしまいます。年齢が高くなればなるほど、転職へのハードルは高くなるばかりですが、ではなぜ、40代という年代での転職は厳しいものとなってしまうのでしょうか。

経験やキャリアが邪魔になる

40代という年代は、これまでの職種でのキャリアがしっかり身についている時期でもあります。そのため、豊富な経験やキャリアが新しい職場において、これからの伸びしろを期待できない、と判断されてしまうことも多々あります。企業側からすると、新しいことを吸収する力も弱く、これから発掘される能力がない、と判断されがちなのが40代なのです。

選んだ企業によっては、積み上げてきたキャリアが無駄になってしまう可能性もあり、経験値がまったくない状態からスタートせざるを得なくなることもあります。また、自分自身に対する自尊心も高くなってくる時期でもあるため、そんな気持ちが邪魔となり、目標とする転職先の可能性を絞り込みすぎてしまう傾向にあるのです。

企業側の求めるもの

40代の人間を雇用する企業側にとっても、それは一つの大きな賭けでもあります。40代という年代に見合った給料を支払うことを考えると、会社としてもそれなりの投資をすることになるからです。企業側が、投資に見合っただけの対価を得たいと思えば、それ相応の能力を要求されるのは必至であり、当然のことともいえるでしょう。

そのため40代に求めるスキルや能力は自然と高いものとなっていき、20代の新卒などとは違い、高度な即戦力を求められることになります。また、面接や履歴書においても若い世代と同じようなレベルのものでは受け入れられ難くなり、履歴書を見ただけで、求める人物像ではないと判断されることもあります。そうなると、面接にさえたどり着けなくなるのです。

40代の転職のポイント

受け入れる側である企業も、40代の転職希望者には若い世代とは違う何かを求めているのです。それが何であるのかを理解しないまま転職活動を続けても、成功することは難しくなります。

目標を高く設定しすぎない

40代ともなると、これまでの仕事で積んできたキャリアや成功、また経験が邪魔をし、仕事に対するプライドも出てきます。そのため、これまでのキャリアや収入面のラインを崩すことを嫌がり、転職する先にもこれまで以上の職種や収入を求めてしまいがちです。目標や理想を高く設定してしまうことで、可能性の幅を狭めてしまい、少ないチャンスまで逃してしまいます。設定する目標はあまり高くしすぎず、実現可能なレベルで設定することが大事です。

市場を見極める

転職を機に、自分のキャリアアップを図りたいと考えることは悪いことではなく、むしろそれを目指すからこそ転職するという人も多いでしょう。ですが、そのキャリアアップの幅が高すぎると、自分の首を絞めてしまうことにもなりかねません。

自分のこれまでのキャリアが生かせる転職市場をしっかり見極める力も必要となってきます。また40代という世代にとって、これまでの職種と全く違う、畑違いともいえる分野への転職は極めて難しく、失敗してしまう確率が高くなります。

情報収集力

転職活動を制するには、情報の収集力が大事なカギを握ることになります。情報収集に欠かせないインターネットを駆使し、自分が求めている求人や企業の情報を収集することで、40代の転職活動は有利になります。ハローワークなどで公開される求人は、幅広い年代や職種をターゲットにしているため、自分が求めている職種の求人に出会いづらかったりしますが、インターネットの世界では、自分の年代に強い転職サイトや、求めている職種に強い転職サイトがたくさん存在します。

自分が希望する職種に特化した転職サイトや、転職エージェントに登録することで、転職活動を効率よく、かつ有利に進めることができるのです。できるだけ多くのサイトに同時に複数登録することで、よりたくさんの情報を収集することが可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です