このページの先頭です

転職の履歴書|効果的な志望動機の書き方と最低限注意すべきポイント

229views

投稿日:

効果的な志望動機の書き方のポイントは二つ

転職の履歴書に書く、効果的な志望動機のポイントは、たった二つです。このポイントを押さえて書くことができるかどうかで、履歴書のクオリティは大きく変わってくると言えるでしょう。

まず結論から書くこと

転職の履歴書の、効果的な志望動機の書き方のポイントとしてまず挙げられるのは、結論から書くことです。志望動機というのは基本的に読みやすいかどうかがすごく重視されます。読みやすい志望動機であればその分だけ頭にその志望動機が入りやすくなります。

そもそも頭に入ってこないような志望動機では、志望動機として強いとは言えません。なのでまず、読みやすくして頭に入りやすくすることが必要なのです。また、そうして読みやすい志望動機を書いていくことによって、そうした文章力の高さもアピールできます。社会人にとって、言語化能力はすごく大切です。

それはいずれ面接で判断できるところではあるのですが、そもそも履歴書の段階で言語化能力が低そうな人を面接にすすめるよりも、その段階で言語化能力が高そうな人を面接にすすめた方がはるかに効率的だと言えます。なので、転職の志望動機においては、結論から先に書くのが効果的になると言えるのです。

転職理由ではなく志望動機を説明すること

また、転職の志望動機を効果的にさせるためには、転職理由ではなく志望動機を説明することも大切になります。転職の志望動機では、そもそもの転職理由を書いてしまうことも多いでしょう。でもそれは、いずれ面接で説明すれば良いことです。

履歴書の段階ではそれはまだ求められていません。それよりも、何故その企業を志望しているのかということの方が求められているのです。なので、転職理由ではなくしっかりと志望動機について記載していきましょう。

差別化できているかに注意するべし

肝心な志望動機の内容では、差別化できているかということに最低限注意した方が良いでしょう。志望動機においては差別化というのはすごく重要ですが、特に転職の志望動機では、より重要度を増していくと言えます。

なぜなら転職では、どこでもいいから今のところから逃げ出したくて転職をするという方も少なくないからです。どこでも良いから転職したいと思っているような人は、やはり採用する側からしてみると魅力に欠けるところがあります。

もしそういう逃げ出してきたような方を採用したとしても、また途中で嫌なことがあったりしたら逃げ出してしまう可能性がありますから。中途で人を採用する際には、とにかくもうその人には転職されたくないと思うものです。なので、逃げ出してきたという印象をもたれてしまう方よりも、どうしてもその企業で働きたいと思っている方の方がはるかに魅力的に映るのです。

差別化はどのようにするのか

では、志望動機において差別化はどのようにすればよいのでしょうか?差別化をすると言われても、どうすればそれができるか分からない方もいるでしょう。そんな方の為に説明すると、差別化というのは「なぜその企業を選んだのか」ということではなく、「なぜその企業以外ではダメなのか」という事を説明していくことで自然と叶えることができるようになると言えます。

なので、志望動機の中でしっかりと差別化を図り、転職を成功に導くためにも、その企業以外ではダメな理由について、よく考えてみてください。それを考えるためには、その企業だけではなく同業界の他の色々な企業についても調べないとなりません。

それを調べるのにはある程度時間がかかると思った方が良いでしょう。なので、転職を成功させたいならば、なるべく早く動き出す必要があります。特にあまり時間に余裕があるとは言えない40代の方は、少しでも転職が頭に浮かんだら、その段階から興味のある業界の企業の情報について、広く調べはじめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です