このページの先頭です

40代で転職するコツとは? 履歴書と面接のポイント

240views

投稿日:

履歴書を書くときのポイント

短く簡潔に書く

履歴書は記入するスペースが限られているため、そこに自然に収まるような文章を考えなければなりません。そうでなければ、せっかく書いたものを斜め読みされたり、読み飛ばされたりする可能性があります。例えば、狭いスペースにぎっしりと書かれた履歴書だった場合、それを読む側は、とても丁寧に目を通す気にはならないでしょう。

したがって、要点を押さえつつ、なるべく短くまとめることが、よい履歴書を書くコツとなります。あまり詰め込まないように、余裕をもってスペースを埋めてやれば、すっきりと読みやすい履歴書に仕上げることができます。

オリジナリティをもたせる

転職を成功させるには、志望動機などがありきたりなものでは、あまり印象はよくありません。40代ともなれば、さまざまな経験を積んできているわけですから、それらの具体的なエピソードを盛り込んで、オリジナリティをもたせるようにしましょう。

その方が、ただ志望動機だけを書くよりも、説得力のある内容になります。さらに、培ってきた経験や知識などを、会社のためにどのように活かせるかも重要なポイントです。そこがはっきりと伝われば、採用する側の興味を引くことができます。

嘘や誇張は書かない

履歴書を書く際、つい嘘や誇張を入れてしまうことは、よくある失敗と言えます。というのも、採用につながるものを書こうと思えば、どうしても自分をよく見せようとする心理が働いてしまうためです。しかし、もしばれてしまったら採用される可能性は低いですし、採用されたとしても、あとから嘘が発覚し、会社にいづらくなることも考えられます。

いずれにしても、ばれないという保証はどこにもないので、嘘や誇張は絶対にやめましょう。短期間の職歴などは書きづらいかもしれませんが、それも省略せず、正直に書いておけば、致命的なミスは避けることができます。

面接のポイント

態度に注意する

40代で転職の面接に臨む場合、ここでつまずく人は意外と多いです。これは、面接官が自分より若い場合が多いことが原因です。そうなると、無意識のうちに横柄な態度になっていることがあります。もちろん、最初から態度が悪い人はまれですが、自分でそのつもりがなくとも、若い面接官と話すうちに、つい失礼な態度が出てしまうという失敗は少なくありません。

そのため、40代の面接では、新卒とはまた違った緊張感が必要となります。転職を成功させるには、相手が若かったとしても、自分を評価していることを忘れず、常に謙虚な態度を心がけましょう。

履歴書の内容に沿って答える

面接の際は、履歴書に書いたことを、口頭でさらに詳しく話すこともあります。特に、志望動機や自己PRに関連したことは、面接で改めて聞かれる可能性が高いので、しっかり準備しておかなければなりません。そのときに注意すべきは、口頭での答えが、履歴書の内容と離れてしまわないことです。

つじつまの合わないことを話してしまうと、せっかく説得力のある答えを返しても、信憑性がなくなってしまいます。そのため、面接を成功させるには、履歴書の内容を十分に把握し、自分の答えと一貫性をもたせることが大切です。

ポジティブに話す

転職の理由としては、人間関係や会社への不満なども多いですが、面接の場でそれをストレートに話すのは避けるべきです。そのような不満を面接で語ってしまうと、「採用したい」と思わせることはできません。

そうではなく、なるべくポジティブに、前向きなことを話すようにしましょう。たとえネガティブな理由があったとしても、前向きなことに置き換え、今後の希望や挑戦などを織り交ぜて話せば、やる気があることがしっかり伝わります。面接官に、自分が働いている姿を想像させることができれば、採用される可能性は高いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です