このページの先頭です

転職活動で履歴書を提出・送付する時のマナー|気を付けたいポイント

97views

投稿日:

履歴書を提出・送付する時のマナーは意外と多い

転職活動で履歴書を提出・送付する時のマナーは、意外と多いと言えます。なので以下のマナーに気をつけて、提出・送付するようにしていきましょう。

御中や様に関してのマナー

履歴書を提出・送付する時にマナーとしてまず気をつけたいのは、御中や様といったような敬称についてです。これらの敬称をつけ間違えると、それはやはりマナー違反になります。なので、しっかりとどれがどれに対応するのか把握しておきましょう。簡単にまとめると、履歴書の提出・郵送時につける敬称は以下の通りです。

  • 御中は部署あての時
  • 様は個人名あての時
  • 役職には敬称はつけない

御中や様は分かりやすいですが、役職には敬称をつけないというのは意外と間違えがちです。部長などの役職には、すでに敬称に意味が含まれているので、その際には別に他の敬称はいらないのです。それを知っておくと、マナーで一歩差をつけることも出来るかもしれません。

書くものに関してのマナー

封筒に宛名などを書いていく時にも、マナーがあります。なんとなくボールペンで書いている方も多いかもしれませんが、ボールペンで書くというのは実はマナー違反になります。と言うのも、ボールペンの文字と言うのはやはり細いので、いささか読みづらいところがあるのです。そんな読みづらい文字で書かれている封筒は、やはり受け取る方のことをあまり考えていない封筒となります。

だから、マナー違反となってしまうのです。ただだからと言ってマジックで書くのもだめです。マジックで書くと、文字が太くなりがちですし、それはそれで読みづらくなるのです。またマジックの場合は色がうつってしまうこともあるでしょう。それはますますマナーが悪いです。なのでそうならないように、サインペンを使用して書くようにしていきましょう。

企業名などは大きな文字で書く

企業名や、あるいは個人名は、住所などよりも大きな文字で書くというマナーもあります。たとえば名刺はその人の分身のようなものだから丁重に扱えと言われたことがある方も多いのではないでしょうか?それと同じで名前と言うのはすごく丁重に扱わないとならないものなのです。その名前が、住所よりも小さな文字で書かれていたら、それはやはり失礼になります。なので、企業名や個人名は、大きな文字で書くように心がけておきましょう。

基本省略しないで書く

また、住所にしても企業名にしても、基本的には省略しないで書くということも大切なマナーになります。たとえば誰もが東京のことだと分かるような港区まるまるというような住所であっても、しっかりと東京都から書かないと失礼になります。また、株式会社という言葉も、省略せずにしっかりと株式会社と正式名称で記載するようにしていきましょう。

履歴書以外に1枚添えるとさらにマナーが良い

転職活動で履歴書を提出・送付する時のマナーは、以上の通りになります。このように意外とマナーが多いのが履歴書の提出・送付なのですが、さらにマナーを良くする方法もあります。それが、封筒の中に、履歴書の他にもう1枚添えるという方法です。

それをするだけでグッと印象が良くなることもあります。なので、もしかしたらそれだけで転職が成功に導かれることも出てくるでしょう。もちろんそれだけが理由で面接をパスしたり出来るようになることはありませんが、少なくともしないよりはした方が印象はよくなり、転職成功に近づけるはずです。

何を書けば良いか

とはいえ、履歴書の他に1枚添えるそれには、何を書けば良いのでしょうか?そこに添える紙には、封筒の中には履歴書が1枚入っていますということと、あとは自分の名前、そして宛名、投かんする日付、そして軽めの自己PR等も書いておくと、より印象は良くなるでしょう。そうして面接までいける可能性が高まることもあるでしょう。特に、こういうマナーを知っているべきである40代くらいの方は、ここまできちんとした方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です