このページの先頭です

転職の履歴書写真の撮り方!他者と差がつく好印象を与えるポイント

95views

投稿日:

服装や身嗜みをしっかり整えて写真を撮ろう

清潔感のある服装選びは基本中の基本

転職活動に利用する履歴書は、学歴や職歴などの経歴が重要で写真はそれほど見られていないと油断してしまいがちです。しかし、応募してきた転職希望者がどういった人物であるのか、面接をする前に最初に判断するのが履歴書の写真になりますから侮るはできません。可能な限り清潔感溢れる、印象のいいものにしましょう。

服装に関してはフォーマルなものが原則です。シャツは顔映りがいい白がお勧めで、スーツの色に特に指定はありませんが男性の場合はネクタイとのバランスを考えて落ち着いたものになるようにしてください。女性はアクセサリーを控え、ナチュラルな印象を与える服装にすると好感度が高くなります。

撮影時に気をつけておきたいポイント

転職を成功させるため、服装以外にも印象のいい写真を撮るポイントを押さえておくことが大切です。

男性は最低限、以下の点に気をつけておきましょう。

  • 髪は短めにカットをして前髪が額にかかりすぎないようにする
  • 綺麗に髭を剃っておく
  • シャツにはしっかりアイロンをかけてボタンを上まできちんと締める
  • ネクタイの柄を奇抜なものにしない

女性の場合は以下の通りです。

  • 髪が長い場合は顔にかからないように後ろに流すか束ねる
  • 派手なメイクを控えて健康的で清潔感のあるものにする
  • 血色をよくするためにチークや口紅の色を赤くしすぎない

なるべく写りがいいに越したことはありませんが、あくまでも仕事先にどんな人物であるか知ってもらうために必要なものです。採用担当者の立場から見て面接をしてみたいと思われるような写真にすることを意識しましょう。

気に入らなければ何度でも撮り直そう

証明写真は納得がいくものが撮れるまで何度でも撮り直すことをお勧めします。面接を受けられるか、まずは書類審査で振るいにかけられることになりますから、ここで妥協しては転職の成功確率も下がってしまいます。

身嗜みもスーツ選びも完璧のつもりだったけれども、いざ撮影してみたら印象のいいものにはならなかったということもあります。スーツの色を変えたりメイクの方法を工夫するなどして、納得のいくものを提出できるように心掛けてください。目にした人に好印象を与えられる写真を貼ることで成功率が上がるのであれば、意識をしておいて損はありません。

スピード写真よりも撮影スタジオを優先させよう

いい写真を撮るためにプロの手を借りるメリット

スピード写真で撮ったものを履歴書に利用することはNGではありませんが、どうしても写りが悪くなってしまうことが否めません。これが若いかたなら肌の質やハリなどで誤魔化せるものの、30代、40代にもなると疲れて暗い印象の写真になってしまうことも少なくないのです。スピード写真は安く仕上がるのがメリットではありますが、年齢を重ねたかたの転職活動であればプロの手を借りてイメージアップに繋げられる写真を撮るのがお勧めです。

スタジオ撮影であれば、服装の乱れ、髪の乱れ、表情の指示からライトの当たりかたまで細かく調整をしながら写すことができますから、写真もいいものが出来上がりやすくなります。写真だけで採用を左右されるわけではありませんが、少しでも不安要素を軽減できるのであればスタジオでの撮影を優先させてください。

加工もしてもらえるので便利

少しでもイメージがよくなる写真を用意できれば、応募先でもこの人の面接をしてみたいと思われやすくなります。しかし、写真写りが悪く人相が悪くなってしまう、実物よりも陰気な印象になってしまうというかたも少なくありません。

こうした場合、撮影スタジオで写してもらうことで人相が変わらない程度にプロに加工してもらうことも可能になります。もちろん大きく変化させることは避けなければなりませんが、たとえば目の下のクマを消してもらうだけでも顔が明るく見えるはずです。少しでも採用に近づくのであれば、手間をかけて納得できる写真を用意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です