このページの先頭です

転職の正しい攻略方法!書類選考と面接で成功する3つの視点

243views

投稿日:

転職は履歴書の組み立て方が大事

転職希望者はビジネススキルを書類や面接で問われている

転職しようと活動を始める際に、多くの方は求人誌や転職サイトを利用します。初めのうちは、求人情報に目を向けてばかりですが、実は新しい職場よりも先に時間をかけて調べておくことがあります。それは「自分のキャリア」です。転職に成功する為には自分の過去のキャリアを強みとして提案できる術が欠かせません。

その為、辞表を出す前に自分のキャリアの根拠となる資料やデータを用意する必要があります。キャリアデータは内容そのものにも価値がありますが、履歴書の書類選考や面接では「内容を精査してスマートに伝える」というスキルも問われているのです。

書類選考に通る履歴書の書き方

履歴書は面接の機会を得るためにはクリアしなければならない言わば登竜門のようなものです。書類選考をクリアしなければ次のステップには行けません。では、選考に通る履歴書とはどのようなものなのでしょうか。ポイントは「企業のニーズと自分の強みをマッチさせている文書である」ということです。イメージしてください。

転職希望の求職者を募集しているその企業はどうして採用活動をしているのでしょうか。どのような職種を求めており、どのような事業展開をしていきたいのでしょうか。また、転職を希望しているあなたはどのようなキャリアがありますか。

これまで社会人として身に付けてきたスキル・経験をどのように活かすことができますか。「企業のニーズ」と「自分のキャリア」の共通点をマッチさせ、「私には貴社で〇〇ができます。」と強みを伝える。これが履歴書に書かれるべき内容です。

企業のニーズに寄り添う提案ができるか

履歴書はプレゼン資料と同じです。企業が求めている商品(自分)を購入(採用)して貰う為に、営業(面接)していく必要があります。まずは資料(履歴書)で自分を売り込んでいきます。その為にはまず自分の魅力やキャリアを徹底的に理解する必要があります。つまり自己分析をしていかなければなりません。それは自社製品を理解することに似ています。ここまで読んでいただいた方は何となく「就職活動はまるでビジネスと同じである」と感じているかもしれません。

面接で成功する為に最も重要なスキル

自己分析と企業研究ともう1つ大事なスキル

これまで書類選考をパスしている人は「企業のニーズ」と「自分のキャリア」を上手にマッチできているでしょう。面接という次のステップでは更に大事なスキルがあります。それは交渉の場で相手の出方を見ながら自分を売り込んでいくスキルです。

人事部の人間は会話の中から「採用して大丈夫かどうか」を判断していかなければなりません。その為、限られた時間の中で「企業のニーズ」に応募者が適合しているかどうかを見極めていく必要があります。求職者には、会話の中で相手の聞きたいと思っている情報を理解し提供するスキルが求められます。

転職に必要な3つの視点を抑えた者が転職に勝つ

面接の際に必要な「会話の中で相手の欲しい情報を理解し提供するスキル」を発揮することが大事であることは先述しました。そのスキルを発揮するには「自分のキャリアを理解する」という自己分析能力、そして「企業のニーズを理解する」という企業研究能力の2つが必要です。これらの3つの視点はビジネスに欠かせないスキルであり、中途採用の採用試験では専門的なスキルや経験だけでなく、このようなスキルも評価されています。

もしあなたが40代で、転職は難しいと考えているならば、それは間違いであると言っても過言ではありません。40代は社会経験が長く、経験値・キャリアも多いだけでなく、これまでに説明してきた3つの視点も若い世代に負けない強みとして武器にすることが可能だからです。ぜひ、これらの視点を活用して転職を成功させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です