このページの先頭です

あなたは大丈夫?転職だからこそ気を付けたいマナーまとめ

95views

投稿日:

面接時に絶対守りたいマナー

受付についてのマナー

面接はその会社に入った時から始まっています。転職での面接の場合それまでにも社会人として働いていたわけですから、マナーはできていて当然だと先方も考えています。新卒での面接時よりもマナーに関しての見方が厳しいという事を頭に入れて、受付時から適切な対応をする事が転職を成功に導く第一歩です。

新卒でも転職でも同様ですが、受付は面接担当者でない社員が行う事がほとんどです。面接官でないならそこまで気にしなくてもと気を抜いてしまいがちなので、気を付けなければなりません。なぜかと言えば、面接担当者が選考の際の参考にと受付時の対応について担当社員から話を聞く事があるからです。

会社に入ったらどこでも気を抜かず、きちんとした挨拶やハキハキとした対応を心掛けるようにしましょう。また受付は早すぎても遅すぎても印象が悪くなります。基本的に指定時間の5分前に受付を行うのが理想的としているのでその点の意識も大切です。

入室時・待機時の対応について

入室時のマナーについては、転職時の方がおろそかになりがちと言えます。社会人になって新人の頃は気を付けていても社会人として慣れてくると気が抜けてしまい、普段のマナーも崩れてしまう場合があります。入室時には大きく分けて2パターンになっており、面接官より先に入室している場合と既に面接室に面接官が待機している場合です。

面接官より先に入室して待機する場合は、案内担当の社員から座って待つように促された時以外は基本的に立って待つようにしましょう。座るように促された場合、場所の指定がなければ入口に近い下座にて待機し、面接官が入室したら即座に立って挨拶をしましょう。

面接官が既に面接室にて待機している場合は、入室前に3回ノックしてから入室するのが最低限のマナーです。面接時は最初の印象がとても重要なので、入室時から適切なマナーで面接に臨む事が転職成功のカギを握っています。

面接をしている時のマナーについて

転職での面接の場合、面接中に今まで会社でやっていたクセが無意識に出てしまう事があります。特に40代・50代で転職する際は、普段のしぐさが身についてしまっている可能性が高いので注意が必要です。また面接時に履歴書を持参する場合は、履歴書は折りたたまなくても入る大きさの封筒に入れ、移動中に履歴書が折れてしまわないようにクリアファイルなどにはさんでから封筒に入れるようにしましょう。

そして面接時の話し方についてですが、横柄な態度や話し方は厳禁です。社会人になって年月が経つ程、社内で目上の人と接する機会は減ってくるものです。その為、知らず知らずのうちに横柄な受け答えになっている事があるので、事前に第三者に確認してもらう事が大切だと言えます。

転職時に気を付けたい身だしなみと持ち物

間違えてしまう事が多い面接時の服装

服装の指定がない場合でも基本的にスーツで面接を受けるのが基本になっています。普段からスーツを着慣れていれば問題ないと考えがちですが、普段から着ているからこそ気を付けなければなりません。以前ならスーツ上下着用が基本でしたが、近年はクールビズでオフィスでもカジュアルな格好をする事が多くなっています。

その流れで面接へ行ってしまうと常識がない人と捉えられてしまう為、男性であればスーツ上下着用が基本です。ただしスーツと言っても、リクルートスーツを着ていくのは転職時にはふさわしくありません。上下が揃ったスーツ着用で、Yシャツは白を着るように心掛ける事で面接時の印象は良くなります。女性はスーツでなくても良いですが、必ずジャケットを着用するように心掛けましょう。

面接時に必要な持ち物

転職時の場合は即戦力を求める事が多く、その会社に対してどれほど熱意があるのかを面接官は見極めようとします。面接時の自己アピールで熱意を伝える事も大切ですが、それと同様に大切なのが面接時に重要な事をメモしておく事です。

しっかりとメモを取るという行為はその会社に対しての熱意にもなりますし、きちんとした人だという印象を面接官に与えます。面接へ行く際は筆記用具を必ず持参し、重要だと思った事はしっかりとメモを取っておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です