このページの先頭です

40代で成功させる!最期の難関の面接に挑む時のポイント

119views

投稿日:

面接まで行けばチャンス

印象を良くするためのポイント

希望の会社に転職をするため、面接で印象を良くするにはいくつかのポイントがあります。面接対策として第一印象を良くすることは大切ですし、自分の意見をはっきりと伝えることも重要です。40代での転職を成功させるポイントは、特に自分の意見や考えをはっきり伝えられるかがカギとなります。

若い世代と比べて社会人としての経験は豊富ですし、採用されれば即戦力として活躍を期待される年齢です。そのため社会人としてのマナーや常識が備わっていることが面接での印象を左右します。初心に帰って自分の印象を良くするにはどうするべきか、社会人としてのマナーをきっちりと思い出せば評価されるはずです。

自身の態度に気をつける

40代で面接を受ける時に気をつけるべきポイントは、面接官が自分よりも若い世代の場合の態度に気をつけるということです。前の会社で部下がいた人ほど、知らぬ間に横柄な態度をとってしまう恐れがあります。特に相手が年下だと自分の方がキャリアも実力も上だという自負があるので、つい上から目線の発言や態度をとってしまう恐れもあります。

40代で新たな会社でのキャリアをスタートさせるなら、今までの栄光とキャリアを捨ててゼロから頑張る姿勢を見せることが大切です。社会人になると年齢で仕事をするのではないと分っていても、自分よりも若い人には負けないという気持ちが、態度に出てしまう恐れもあるので注意しましょう。

会社に貢献できることをアピール

会社への貢献度がアピールポイントになる

40代での転職を成功させるには、いかに自分の力が会社に貢献できるかをアピールすることがポイントです。履歴書を見れば今までの自分の歩んできたキャリアと実績が分かりますが、これからどうやって会社に貢献できるかが重要になります。特に40代は即戦力として求められることも多く、若い世代の育成を期待されることもあります。

目の前の仕事だけを黙々とこなすだけではなく、会社を大きく成長させるために貢献できるスキルと実力が求められているのです。仕事を頑張るだけなら若い世代を採用したいと思うので、いかに今までのキャリアと実績によって、これから会社に貢献できるかをアピールすることが面接成功へのカギとなります。

年齢ハンデによる自滅をしない

転職を希望する人の中にはこの歳になっても職を転々とし、役職にもなれない自分に嫌気がさしている人もいるでしょう。1つの会社でキャリアを積んで出世する人もいれば、いろいろな事情によって転職を余儀なくされる人もいます。40代になると転職するのも厳しいと言われる年代になるので、できれば腰を落ち着けて働ける会社を選びたいと思います。

しかし自分の中で40代での転職にどこか負い目を感じていると、つい自虐ネタを言ってしまうこともあるので注意しましょう。「この歳になって」「若い世代には負けますが」など、自分の年齢に負い目を感じているとネガティブ思考になってしまいます。会社とすれば40代でもやる気があって会社に貢献する意欲の高い人を採用したいと思うので、面接には自信を持って臨むことが大切です。

過去の栄光ではなくこれからの貢献度が重要

面接では履歴書を見ながら本人の受け答えをチェックしますが、過去の栄光にしがみつくことなく、これから自分が何をしたいのかをはっきり伝えましょう。いくら履歴書に過去の実績を書いても、面接官は「凄いね」としか思いません。

過去にいくら偉業を成し遂げても、これから会社に貢献できなければ意味がないと思っているからです。面接では過去の実績はあくまでも参考程度なので、これから何ができるかをアピールすることが面接成功へのポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です