このページの先頭です

40代でも諦めない!40代の転職戦線を勝ち抜く秘訣とは?

113views

投稿日:

40代の転職戦線

人生を80年と想定した時、40代はちょうど折り返し地点ともいえる年代にあたります。これまでの人生を振り返ったり、これから先の人生について改めて考え直してみたりするのが40代という年代です。

そんな年代に差しかかり、自分のライフスタイルを見つめ直した際に「転職」という人生における重要な選択をする人も多くいます。不安定な経済情勢を背景に、40代という年代で転職するのは、人生の中でも大きな決断といえるでしょう。そんな40代の転職戦線は、現代社会においてどのようになっているのでしょうか。

社会における40代の立場

転職は35歳までという言葉があるように、40代で転職をすることは簡単なことではありません。一般的に言うと、40代という年代の社会における立場は、責任ある仕事を任されるようになり、部下が増え、役職者や管理職につくような年代です。これまでこなしてきた仕事のスキルが身に付き、キャリアとして実を結ぶ時期でもあるのです。

プライベートにおいては、子供が少し大きくなって教育費がかさばったり、住宅を購入し住宅ローンを抱えたりと、出費が多くなる年代でもあります。女性の場合、出産や育児が一段落し、会社や職場における自分の立場が、確立されてくる時でもあります。また、自分の両親の老いも目立ち始め、早い人では両親の面倒を見始める人も出てくる時です。

40代の転職受け入れ

40代の転職が厳しいと言われるのは、年齢的な問題だけではありません。社会人として積んできたこれまでの経験やキャリアがあることはいいことですが、それにとらわれてしまい、新しい職場で柔軟性に欠けてしまうことが、欠点ととらえられてしまいます。経験や知識があるがゆえに、扱いづらい存在と思われがちになるのです。ですが逆に、これまで積んできたキャリアがしっかり認められ、その能力をすぐに生かすことができ、即戦力があると判断されれば、新しい職場でも歓迎されることとなります。

40代で転職を成功させるには

40代の転職はハードルが高く、ただやみくもに転職活動をしていても、成功までの道のりは遠くなるばかりです。では、転職を成功させるためにはどんなことに気を付けたらいいでしょうか。

転職サイトやエージェントをフル活用する

パソコンがこれだけ普及している現代において、これを転職活動に利用しない手はありません。現在、転職活動を支援するための転職サイトや、転職エージェントと呼ばれるサービスがたくさん展開されています。これらのサイトに登録するだけでも、得られる情報量は相当なもので、たくさんの求人と出会うことが可能となります。

転職エージェントは、エージェントと呼ばれる担当者が、手取り足取り転職までの活動をサポートしてくれるサービスです。転職エージェントに登録しないと出会えなかった求人にも出会うことができたり、面接のノウハウや、履歴書の書き方まで丁寧に指導してくれます。

面接と履歴書

面接も履歴書も、自分を売り込むための大事な時間と書類です。大事であるからこそ、転職エージェントにおいてもしっかり指導してもらえることではありますが、その意味を自分自身でも理解しておかなければ、内容の濃い履歴書に仕上げることはできません。

まず履歴書は、面接前に企業側に目を通してもらうことが多いため、自分を売り込む一番最初の切り札でもあるのです。自分そのものを表現するものであることを意識し、魅力的だと思ってもらうための履歴書でなくては、面接官の興味を引くことはできません。

職務経歴書にこれまでのキャリアをわかりやすく書き込むことはもちろんのこと、職種に関する技能習得にも積極的である姿勢や、自己啓発も欠かさないことなどを記入することで、より魅力的な履歴書となります。面接は、直接自分の言葉で自分自身をアピールできる貴重な時間です。面接官からの質問を想定していくのは当たり前ですが、自分が何を伝えたいのか、何をアピールしたいのかを、しっかり言葉としてまとめてから臨むことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です